million-dollar’s dream blog

ひとりごと、不定期更新 / 他のブログもどうぞ

その名は、ヘンリー・パーマストン。当時、世界の支配者です。

その名は、ヘンリー・パーマストン。

当時、世界の支配者です。

 

【要約】

パーマストンは3つのこと成し遂げました

激昂するアメリカを脅して黙らせた

1839年、イギリス国籍のスパイがアメリカで捕まりました。

パーマストンはアメリカに言いました。

「確かに。カナダにはそれほど陸軍はおいていない。しかし、その気になればニューヨークもボストンも灰にできることを君たちはお忘れではないか。」

焼くぞ!と脅したのです。

当時の米国は新興国。

自分達が劣勢なのはわかっていました。

「リメンバー!」と言えば国民が激昂して結束し、戦争をするのが常。

そんな米国がスパイを無罪放免引渡しをしたとか。

暴れまわるチャイニーズを叩きのめす

1840年のアヘン戦争。

清の正規軍は1カ月で破れます。

その後は、「平英団」という兵隊だか犯罪者だかわからないような連中との抗争。

別名、便衣兵(ゲリラ&テロ)との抗争は約2年の及ぶ。

そして、英国は不平等条約を押し付けて、さっさと引き揚げた。

パーマストンは言った。

「チャイナは10年に1回、叩きのめさなければならない」

後の、1856年からのアロー戦争である。

ロシアを引きずり出して袋叩き

1853年、クリミア戦争。

嫌がるロシアを戦争に引きずり出し、袋叩き。

ロシアは、強いか弱いかの見極めが達人的に上手い国です。

民間になっていたパーマストンは外交界の長老として世論を煽りまくった。

そして、クリミア戦争を引き起こした挙句に介入。

ロシアはこの時ばかりは孤立し、袋叩きにあった。

英仏の船はロシア船を追い回し、北海道でも交戦。

1853年と言えばペリーが日本に来た年です。

この時パーマストン(英)は、高杉晋作や大久保利通ら(薩長)とも交戦しています。

薩英戦争や馬関戦争。

幕末の人は常にイギリスの存在を意識していましたが、そのイギリスとはパーマストンのことなのです。

 

引用元

news.yahoo.co.jp

office-kurayama.co.jp

 

我こそは世界の支配者パーマストン 若者に伝えたい英雄たちの世界史

は紹介動画はこちらから

wing7kanzuki.blog.fc2.com

 

About me!(Amaterasu All) Intra-site link(サイト内リンク)
休憩所/天照備忘録

実体験に基づいて、
主に古物商や自営業に関わる事を記事にしています。

他、ガジェット系やスマホ関連も時々書いています。

記事一覧

記事一覧。

動画共有サイト/天照novel

ユーチューブ関連の動画主に紹介しています。

また、今話題の商品なども紹介。

日記/million-dollar’s dream blog

ちょっとしたことを書き留めています。ガジェット、本など。

ヤフオク/あまてらす

Yahoo!オークション内、あまてらす専用ブース。

副業のすべて

副業、月商10万までの道のり。

BASE/あまてらす

BASE内、古物商あまてらすショップ。

自営業(古物商)のすべて

“古物商”あまてらすのすべて。


共通連絡先メールアドレス:xoxvtaka777-openpost@yahoo.co.jp